学校のレベル次第

偏差値は学校のレベルと、子どもの実力を把握するために使われる数値で、志望校の決定や成績向上の目標値などに活用することが出来ます。中学受験のためには、高い偏差値をマークしなければならないという考えは、決して間違いではありませんが、下手に偏差値にこだわり続けても余り意味はありません。必要となる偏差値は学校のレベル次第で変わってくるので、偏差値を気にするのは志望校選択が終わってからにしましょう。

受験を行っている中学校はいくつもありますが、その中には偏差値がそれほど高くない学校も多く、学習塾で真面目に授業を受けていれば、余裕を持って合格できるところも少なくありません。偏差値が低い学校に通わせても意味が無いという方もいるかもしれませんが、そうした学校も独自の教育方針を掲げるなど、偏差値以外の面で優れた点がたくさんあり、子供の適正によってはそうした学校に通わせたほうが、より良い成長に繋げることが出来ます。

高い偏差値が必要になるかどうかは、その学校のレベル次第で変わります。少なくとも偏差値一辺倒で学校を選んでも、決して良い学校選びに繋がるとは限らないので、中学受験を成功させるためには、まず学校の情報を集めることからはじめましょう。目標も無く無理して偏差値を上げさせるよりも、目標があったほうが子供のやる気も上がります。