余裕を持つことが大事

小学生の学力低下などをきっかけに、中学受験を子どもに受けさせる家庭が増えてきています。そのため学校選びもより積極的に行われるようになっていているのですが、その際参考にする値として、偏差値を参考にして学校を探す方は少なくありません。偏差値はテストなどの点数を参考に、どの程度の学力を持っているかを示すためのものなのですが、中学受験においてはどの程度の重要性を持つのでしょうか。

中学受験では、子どもの学力に合った学校選びを行うと共に、通わせたい学校の偏差値に近づくまで、目標数値として扱うこともありますが、偏差値と合格は決してイコールというわけではなく、偏差値を満たしていても合格できないときは合格できませんし、偏差値が低くても、努力次第では受験を成功させることも出来ます。あくまで偏差値は目安なので、多少の偏差値の変動は気にせず、余裕を持つことが大切です。

偏差値を気にするのは決して悪いことではありませんが、過剰に気にすることは何のプラスにもなりません。子どもに必要以上にプレッシャーを与えたり、自分がノイローゼになることもあるので、下手に偏差値を気にするよりも、色々な学校の情報をチェックして、子度音の学力に合わせた学校や、偏差値以外の面で優れていると感じる学校が無いか探してみましょう。