偏差値より人間性

中学受験を受けさせるために、子どもを塾に通わせる保護者が最近増えてきています。中には難関校に合格させるために、長時間勉強させて偏差値の上昇を目指している方もいますが、偏差値はあくまで目安であって、100%合格できる保証になるわけではありません。受験を行っている学校も、偏差値に過剰にこだわりはせずに、もっと他の面を基準に生徒を選んでいます。

受験を行っている学校の多くは、学力よりも生徒の人間性を重きにおいています。精神的に成長することが出来れば、それに応じて学力も向上するだろうという考えが根底にあるので、ある程度の人間性を備えた子どもでなければ、たとえ学力試験の点数が良くても、合格できないでしょう。なので、必要以上に偏差値を気にするだけでなく、もっと子どもにとって重要なものは何かを考えることが大切です。

学習塾でも、難関校に進学させるためには、子どもの人間性のほうが大切だという考えを持っており、面談などで子どもの精神年齢に合わせた学校の選択を進めていますが、偏差値などの数字に囚われて、子どもに無理をさせてでも受験を受けさせようとする保護者も多く、揉め事に発展することもあるそうです。中学受験を検討している保護者の方は、その進学が誰のためのものか良く考えてみてください。