過信しすぎは禁物

偏差値は学力を測り、学校のレベルとの比較に使用されます。学習塾などではテストなどで偏差値を測り、その上でその後進学する学校を選ぶ基準として参考にすることが多いです。そのため高い偏差値さえとっていれば、希望する中学には確実に入学できると考える方も少なくないのですが、偏差値が高いからと過信したり、偏差値を上げるために無理やり子どもに勉強をさせても、決して合格できるとは限りません。

偏差値について知っておくべき点は、偏差値を元にした合格基準は決して確実ではないという点です。学校が求める偏差値を取得していたとしても、試験に不合格になる可能性はありますし、逆に多少偏差値が低かったとしても、本番で成果を上げることが出来れば合格することも出来ます。

目標とする学校の偏差値に届いていても、決して過信してはいけません。本番で失敗しないためにも続けて勉強を続けさせ、どんな問題が出ても回答できるような余裕を持たせるようにしましょう。また、学校側は偏差値は当然ですが、それ以上に生徒の人間性を見ています。下手に勉強をさせすぎて、子どもに気持ちのはけ口すら与えないままでいると、精神的な成長は間違いなく望めないので、心の教育についてもきちんと考えつつ、学力向上を目指しましょう。