高いほうが安心?

公立中学に通わせずに、国立や私立といった、より高度な授業を受けられ、良い環境で過ごせる学校に子どもを通わせたいという保護者が、ここ数年の間は増加傾向にあります。中学受験を受けるにあたり、学校の求めるレベルが子どもにあるかどうかを確認する上で、偏差値は大きな指針となってくれるので、学習塾などでは、定期的なテストを通して偏差値を調べてくれています。学校のレベルによって必要となる偏差値は変わりますが、やはり偏差値は高ければ高いほど良いのでしょうか。

偏差値はただの目安といわれてはいますが、やはり高いに越したことはありません。偏差値が高いとそれだけ学校の選択肢が広がりますし、試験のレベルも偏差値に合わせた難易度が低いものになるので、子どもの偏差値よりも少し低い学校の試験なら、ある程度余裕を持って合格することが出来るでしょう。通わせたい学校が決まっているのであれば、まずはその学校の偏差値を目指して勉強させてください。

偏差値は高いに越したことはありませんが、偏差値自体は絶対の数値というわけではありません。テストの若干の点数差で簡単に増減しますし、多少偏差値が低くても本番で合格するケースもゼロではありません。結局のところ試験を受ける子どもがどれだけ本番で実力を発揮出来るかが大切なので、決して無理はさせず、プレッシャーのかけすぎにも気をつけるようにしましょう。