志望校変更も視野に

偏差値は子どもの学力を測り、学校のレベルを大まかに定めるために使用されています。平均的な偏差値は50台といわれており、それより上の偏差値の学校は、試験内容もより子度名物になったり、子どもに求める能力や精神年齢も高いものになる傾向にあります。もし志望動機の学校よりも、極端に子どもの偏差値が低い場合は、志望校の変更を視野に入れたほうが良いかもしれません。

偏差値が低いからと志望校を変えるのは、あまり納得できないという方も多いですが、実際偏差値が低すぎると、試験に出ても試験問題を解くことすら出来ない可能性がありますし、精神的な成長についても、学校側が望んでいるレベルに達していないと判断されることもあります。特に偏差値が高い中学校だと、高い偏差値と学力は当たり前で、それ以上に高い精神年齢を求めるようにもなるので、まだ小学生には厳しい条件といえます。

偏差値が低かったせいで志望導入できないという家族もいるかもしれませんが、低い偏差値の学校だったとしても、悲観しすぎは禁物です。学校の偏差値は学力を測る上では役立ちますが、逆にそれ以外の面は一切分からないので、それ以外の面は、志望先の学校についてしっかり調べることが肝心です。案外偏差値が高すぎて諦めていた学校よりも、自分はもちろん、子どもにとってもあっている学校である可能性があります。