重圧を掛けすぎず

中学受験では、偏差値をなるべく上げるのが基本です。学校選びにしても、偏差値が低い場合は選択肢が大きく狭まりますし、偏差値を大きく上げることが出来る学力があれば、難関校の試験にも十分対応することが出来るでしょう。実際学習塾などでも、偏差値を上げるために様々なサポートを行っていますが、だからといって偏差値を上げるために、子どもに重圧を掛けすぎるのも考え物です。

偏差値は実力を明確にします数値として役立てることが出来ますが、細かい数値に関しては簡単に増減します。そのため偏差値が前回の模試に比べて1下がっているという場合も、決して焦るような数値ではありませんし、偏差値が志望校よりも一つ少なくても、試験に合格する可能性は十分残されています。なので、偏差値がほんの少し増減することに一喜一憂せずに、これから先のことを見据えて少しずつ地力をつけさせることを大切にしましょう。

中学受験を子どもに受けさせようとしている保護者の中には、偏差値を非常に強く意識している方も多く、偏差値が下がるごとに子どもに強く当たることもありますが、そうした過度な重圧の掛け方は非常に危険です。そうした重圧を掛ける事で子どものストレスはどんどん溜まり、それが原因で成績がより下がることも珍しくありません。ひどい場合は体調不良煮まで発展するので、偏差値はあくまで目安と意識して、過度に気にしないよう心がけましょう。