安全牌を知る

中学受験を受ける際は、学校の偏差値について知っておいて損はありません。学校の提示している偏差値は、試験の難易度はもちろん、入学した後の授業のレベルにも深く係わっているので、子どもの偏差値と照らし合わせるだけで、現時点での安全牌がどの学校なのか簡単に把握することが出来ますし、入学できた場合についても、子どもの学習方法などを考えることが出来ます。

試験を行っている中学校では、ちゃんと前もって対象となる偏差値を発表しており、学校選びの参考にすることが出来ます。この時子どもの偏差値も把握しておれば、志望校を簡単に選ぶことができますし、第二候補なども安心して選ぶことができます。もし子どもに通わせたい学校があり、子どもの偏差値が少し足りない場合は、将来的には合格圏内の偏差値を取ることが出来るように、じっくりと時間を掛けて勉強を行わせるようにしましょう。

偏差値を知っておくことは、学校選びに大いに役立ちますが、理想とする学校があるならそれに積極的にチャレンジすることも大切です。何か大きな目標があると、子どもも説教的に努力するようになりますし、何より子どもを理想的な環境で勉強させることが出来ます。とはいえ、入学後も勉強は続くので、試験を受けられるだけの偏差値になっても、決して油断する事無く、そのままの学力のまま中学校生活を送れるよう努力を重ねさせましょう。