数ポイントは誤差

偏差値は生徒の学力や学校のレベルを測るために使われる数値で、学習塾などでは良く模試などで確認した偏差値を元に、学校選びや学習法真の面談などを行ないます。この時偏差値が高ければ、色々な学校を選べることができるようになり、受験も余裕を持って行えるようになるので、学習塾も、印可能な限り偏差値を上げることが出来るよう、様々なサポートを実施します。

偏差値の向上は学習塾でも大きな目標として強く支援していますが、あくまで偏差値は生徒の学力を示す基準の一つで、これ一つで中学受験を超えるような絶対的な数値というわけではありません。そのため数ポイントなら真面目に勉強している人でも、たまに1,2ポイントほど下がることが合っても、過剰に期待することは無く、マイペースに勉強を続けさせるようにしましょう。

中学受験において、偏差値の価値は決して少なくはありませんが、基本的には目安の数値である以上、数ポイントの増減は誤差に過ぎません。基本的には大まかな数値を満たしているだけのものなので、偏差値60台や70台という大まかな確認だけ確認して、足りないようならそれを目標に少しずつ学力を向上させて、志望校の合格を目指しましょう。