目標値として使う

中学受験を受けさせる家庭が増えてきていますが、受験する学校を選ぶにあたり、偏差値は氷魚上に重要な要素として見られています。偏差値は学校のレベルを測ると共に、子どもの学力の確認にも用いられており、学習塾では全国共通の模試を通して、定期的に偏差値を調査しています。偏差値は入学できそうな学校を調べる際に役立ちますが、それと同時に、子どもの学力向上のための目標値としても活用できます。

小学生のうちは、勉強に対してのモチベーションが上がりにくく、何の目標もなしに勉強させてもいずれ成績は伸び悩みます。そうした状況を防ぐためにも、偏差値を元にモチベーションを出させることで、より勉強に打ち込ませることが出来ます。もちろん偏差値の上下だけでは、子どものモチベーションアップには結びつかないので、勉強に対する意欲を持ってもらう前は、ご褒美などを偏差値を上げるために与えると良いでしょう。

偏差値を使って勉強のモチベーションを上げるには、常に目標を与えることが大切です。ご褒美を与えなくても、塾の友達と偏差値を競い合うことでモチベーションが出る子どももいれば、純粋に勉強に興味を持つようになる子もいたりと、子どもによってモチベーションが上がるきっかけは異なるので、偏差値はそれを調べるための手段の一つとしても役立ってくれるはずです。