長い蓄積が重要

中学受験を成功させるためには、志望先の学校に見合う偏差値をマークする必要があります。もちろん偏差値が全てとはいいませんが、合格圏内に偏差値が入っていさえすれば、子どもがきちんと実力を発揮することで、確実に合格することが出来るでしょう。とはいえ ある程度高い目標があり、子どもの偏差値が原状では不足している場合は、勉強させて偏差値を上げる必要がありますが、偏差値を上げるには長い蓄積が何より必要です。

偏差値は模試などの平均点などで導き出されますが、1,2程度の偏差値の増減はそれほど問題にはなりません。少数の偏差値の変動は自分の努力だけでなく、周りの成績によっても変わるので、それほど深く考える必要はありません。それよりも、偏差値を上げ続けるためにとにかく地力を上げ続けることが重要なので、1,2回の模試に気を取られることなく、地道に勉強を続けることに意識を向けさせましょう。

偏差値を高い値でキープするには、多くの問題に対応できる、高い地力が求められます。それを手に入れるためには、一朝一夕では不可能なので、可能な限り時間を掛けて、じっくりと勉強を続けることが大切です。そのためにも試験対策は早いうちから行い、偏差値はその日その時の値はそれほど深く気にしないようにしましょう。